わかめ手帖

おばさん女子です。子供もいません。しかも仕事も辞めました。

アドセンスに苦戦する① ~お客様のサイトにリーチできません~

スポンサーリンク

Google AdSenseに合格しました!

今回から広告が貼ってあると思います。アクセスの少ないこんなブログなので収益なんて期待していませんが、少しでもブログをやる励みにと審査に出しました。が、思ってもないようなことで大苦戦したのでここで報告いたします。

お客様のサイトにリーチできません

最初は特に何の考えもなく気軽に申請しました。ただ色々な方の体験談などを読んで、これからのブログ運営にも必要だと思い

  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせフォーム

の2つは作っておきました。文字数は1000文字以上でしたが内容は全くない雑記です。しかもヘッタクソな絵入り。ブログを始めて9日でたった9記事です。ダメ元で審査に出そうと自分のサイトを貼り付けて申請ボタンを押します。

「お客様のサイトにリーチできません」

「???」なにか間違えたかな?と見てみると自分の申請したURLが画面でhttp://wakametecho.comとなっています。私の正しいブログのURLはサブドメインの入るhttps://www.wakametecho.com/なので間違えたかな?と何度も変更しようとするのですがどうしても「www.」部分がはじかれてしまいます。「ナニコレ?」と思いgoogle検索してみると、出るわ出るわ。この症状にみなさん悩まれているようで、google公式フォーラムでもこの質問がザクザクありました。

f:id:wakameobasan:20190922110743j:plain

4月頃から同じ質問がいっぱい来ていて、どうもこの時期ぐらいから「www.」ありで申請できないみたいです。回答を見てみると「google側にはwww.なしで申請されるので、www.ありへの転送設定をしてください」とのこと。「えっ?自分でやるの?」とひるみます。そしてこの時点で少しのイラつきを感じています。

URL転送を試みるも有料

私は「お名前.com」という所でドメインを取得したので、こちらへURL転送の設定をしに行きます。「サブドメインなしからありへ転送できればgoogle様に審査してもらえる」と期待を胸に設定をしようと画面を見ると

「7月より100円/月(税抜)かかります」

との記載が。テレビから「ひるおび!」の恵俊彰のはしゃぐ声が聞こえてきてイライラが更に高まります。「コメンテーターと話が噛み合ってないんだよ!」テレビを強めに消します。ホンジャマカがこんなに残るなんて、昔は誰が思っていたでしょうか。他にURL転送の仕方など分からない無知な私は、恵俊彰に八つ当たりしながらも泣く泣く転送設定をしました。これでやっとgoogle様に審査してもらえる!半ばヤケになっていました。

後に八つ当たりされる若き日の恵

f:id:wakameobasan:20190922111344j:plain

出直して来いと言われる

www.なしのURLから、ありのURLに転送できることを何度も確認し、ふたたびアドセンスの申請を試みます。必要事項を貼り付けて、どこも間違ってないか一人でぶつぶつ喋りながら指差しチェック。外はもうすっかり夕方なのに電気もつけず暗い中で。「あの時の私はどうかしていた」今ならはっきりとこう言えます。震える指でいざ送信します。

「コードをチェックした回数が多すぎます」

 「???」最初うまくいかなかった時に何回かやり直していたので、今日はもうダメですって。「24時間たってから、もう一度チェックしてください」とのことです。今試したかった・・・今日一日の自分の苦労は何だったんだろう、私は負けた気分でいっぱいになりました。

またこの3人組

f:id:wakameobasan:20190922112720j:plain


「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる

スラムダンク、山王工業の監督の名言です。辛いときはいつも思い出します。目を閉じ心を落ち着かせ、「今から帰る」という夫のラインに「今日はご飯を作ることができない」と速やかに返し、この日は安安で焼き肉を食べました。力をつけ明日に備えます。

コードが見つかりました!

24時間きっかり、夕方5時に流れてくる夕焼け小焼けのチャイムを聞いた後再度申請してみます。・・・しばらくの間の後

「コードが見つかりました」

やってやりました!これでやっと審査をしてもらえます。

3人も喜んでくれます

f:id:wakameobasan:20190922113949j:plain

前回から1記事追加していたので、ブログを始めて10日10記事での申請です。どうなるんだろうなと期待を胸にこの日は終わりました。

これから新たな戦いが始まるとは、この時の私は知る由もありませんでした。

― つづく ―