わかめ手帖

子なし既婚のおばさんのブログです。本当に、ただのおばさんなんです。

あの頃なぜ平気でブルマを履いていたのか

スポンサーリンク

ブルマ、ブルマー、ブルーマ―

これはブルマの三段活用ではなく、ブルマの色々な呼び方です。ドラゴンボールの登場人物ではなく、あの黒いパンツのことですよ。女性解放運動家のアメリア・ブルーマーさんが名前の由来だとか違うとか(諸説あり)。 

これ最初はニッカポッカみたいなスタイルだったのに、いつのまにか黒いパンツに形を変えて、日本の思春期女子に心の傷を与えていきました。

f:id:wakameobasan:20200321092925j:plain

今ではほとんどの学校で廃止されているようですね。
今思うとあれ、よくまあ履いていたな。恥ずかしくなかったのかな。

恥ずかしかったに決まってる

私は小学校中学校でブルマを履かされていた、ドンピシャ世代です。

何も知らない小1の頃から自然に履いていたので、「まあそんなもんだろう」と何も疑いを持たずに履いていました。最初の頃は。

しかし中学生になると話は変わります。体つきも変化してくるし、なによりあれ、パンツじゃん?おかしくない?人前でパンツむき出しで運動するの。というように、不満があらわになってきます。マット運動とか地獄以外の何物でもありませんでした。開脚前転って一体何よ。

まず理不尽

私は中学時代運動部だったので、朝練のためジャージで通学していました。そしてうちの中学は授業をジャージで受けても良かったため、

ジャージで授業→放課後の部活→ジャージで帰宅と、部活の無い日以外は基本的に1日ジャージで過ごしていました。正にジャージgirlです。ジャージ最高!

しかし「体育の時はブルマにならねばならぬ」という決まりがあったため、体育の時間になるとジャージを脱いで下に履いているブルマいっちょうで外に出なければいけませんでした。

そもそもジャージって運動着ですよね。体育のためにそれをわざわざ脱がなければいけない意味が分かりません。それでも当時は「そういうものだから」という理由で、ブルマむき出しで体育の授業を受けていました。

ブルマで運動するメリットがない

そもそもニッカポッカ型だったブルマが、あんなピッタリフィットのパンティースタイルに変わった経緯が良く分かりません。せめてちょうちんブルマで止めておいて欲しかったです。

f:id:wakameobasan:20200321093850j:plain

「風の抵抗が軽減される」とかそういうアスリート的な思考は、思春期の女子には全く不要です。むしろ女子なら全員知っているあの言葉、「はみパン」にどれだけ苦しまされたことか。

はみパンとは即ち「ブルマーからパンティがはみ出すこと」。おそらく「はみ出しパンツ」の略。体育をする上で常に女子の頭から離れない言葉です。年頃の女の子にとって「はみパンしてるよ!」との指摘は、まさに死を宣告されるような物。当時の女子は体育の授業中、気が狂ったように自分のはみパンチェックをしていたのです。

私は中学時代50m走で7秒台という、女子としては結構足が速かった方なのです。部活や遊びではノリノリで走っていました。しかしいざブルマで体育となると、もうはみパンが気になって気になって、本気で走るどころではありませんでした。もちろん良いタイムなんて出るはずもありません。

このようにブルマは、女子が本来出すべき力を妨げていたのです。私は時代に潰された、そう思っています。

f:id:wakameobasan:20200321095100j:plain

許さない

変態に始まり変態に終わる

ブルマを最終的にあの形状にした人が、どんなにメリットを語ったとしても、まあ変態でしょう。本人にそんなつもりはなかったとしても、やっぱり変態なんです。その証拠に、同士である変態に愛されています。別に嗜好が何であっても構いませんよ。ただそれを「小学生の体操着に採用しよう!」と日本中に取り入れたことが変態なんです。

しかしそのブルマも、現在ではほとんどの学校で廃止されています。それもまさに自分たち変態が招いたことなのです。

中学でブルマを履いていた私ですが、高校に上がると体育の時間はジャージ着用になりました。その理由が、「おっさんが体育の時間にカメラを持って写真を撮りにきた」からです。当時ブルセラショップなどが世に出てきて、性の対象としてのブルマが広まってきました。女子高であったうちの学校は、早々に危険と判断したのです。

そんなおっさんは世の中にいっぱいいたみたいで、近隣の学校でも次々とブルマは廃止されていきました。おっさんに愛されたブルマは、おっさんの手によって廃止に追い込まれてしまったのです。

女子たちはブルマ姿で外に出なくて良くなり、大喜び。町に平和が戻ったのです!

ブルマは強制するものではない

ブルマが好きだった人もいるでしょう。先ほども言いましたが、それは全く構いません。嗜好は人にとやかく言われるものではありません。女子の体操着としてブルマを義務的に履かせることに問題があるだけです。

中には「ブルマーウェルカム」という女性もいると思います。通販でたくさん売っているので、当時を懐かしんで成人女性に履いてもらって下さいね。

また「はみパン」を気にしないのであれば、運動にはバッチリ適していると思います。プロレスラーも履いているし、ラディッツやナッパもブルマー型の戦闘服でしたので、かなり動きやすいんだと思います。気が向いたらぜひ試してみて下さいね。

 人によって色々な思い入れのあるブルマです。まだこの世から滅びることはないと思いますので、それぞれが上手にブルマと付き合っていけたらいいですね。