わかめ手帖

子なし既婚のおばさんのブログです。本当に、ただのおばさんなんです。

女子には「こえだちゃん」プレゼントしとけば間違いない!

スポンサーリンク

良い子のみんな!クリスマスプレゼントはもらったかな?

私はもらってない!

誰かください。欲しいです。4℃でもいいですよ。

そもそも私の実家にはクリスマスプレゼントをくれる風習がなかったので、クリスマスプレゼントの定義がよく分からんのですよ。いや、凄く小さい頃はやってたみたいなんですが、うちの親、途中からめんどくさくなったのか2,000円の現金支給になったんです。でもそれもめんどくさくなったのか、クリスマスプレゼント分のお金を上乗せしたお年玉という方式に変わったんです。

私、親になったことないから分からないんですが、「新年にクリスマスを上乗せしよう!」ってなるものなんですかね。ちなみに私小学生ですよ。そしてそのもらったお年玉はお母さん銀行に預けましたけど・・・って、あれ?これ、もらってることになる??一度はもらった?・・・あれ?うちのお母さんって、もしかして一休さん!?

ほのかにあるクリスマスプレゼントの思い出

そんなかわいそうな私ですが、幼稚園の頃は確かにクリスマスプレゼントをもらってたんです。上の姉が早口で「普通サンタさんはお父さんお母さんなんだけど、ウチは同居してるからおじいちゃんなんだよ。高島屋で買って来て押し入れのココに入れてるから、絶対に見たことは言っちゃいけないよ。サンタさんがくれたという事にしておくんだよ」と、ご丁寧に現物まで見せて説明してくれたから覚えてます。みなさんが想像する3倍くらいの早口でした。

そう、その時のプレゼントこそがこれ。

こえだちゃんと木のおうち!

知ってます?「こえだちゃんと木のおうち」。なんとまだ現役で発売してるんですって。あのタカラトミーさんで!タカラ?トミー?私が買ってもらった時はどっちだったんだろう?とにかく、タカラトミーの商品でした。

40年前の日本人に、「タカラとトミー合併するよ」って言ってみたい!ああ、でもそれを言うなら「東京銀行三菱銀行が合併してできた東京三菱銀行に、さらに三和銀行東海銀行が合併してできたUFJ銀行が合併して、三菱東京UFJ銀行になるんだけど、最近東京がとれて三菱UFJ銀行になった」って伝えたい!キョトーンとする当時の日本人を見てみたい!

でも一番ビックリするのはきっとあれだ、

「山一證券廃業するよ!」

話を戻して「こえだちゃんの木のおうち」!


こえだちゃん こえだちゃんの木のおうち

これ、最近の木のおうち。私の遊んでいた時よりもずっと進化しています。名前も昔は「こえだちゃん木のおうち」だったのが、「こえだちゃん木のおうち」になっています。“我はこの家のオーナーである”ということを強調するようにしたんですね。不況の今、マイホームを持つことは相当な苦労が必要ですからね。この名称変更は良い判断だと思います。

おうちのテイストは一緒です。上部の葉っぱ部分がパカッと開いて、住居になってるんです。木についたハンドルを回すと、なんと地上からエレベーターで移動できるのよ!このエレベーターが女児の心をどんなに熱くしたことか!まあ使うのは最初の数回で、あとは手で直接空中移動させるんですけどね。

ハウスのオーナーはこえだちゃん

私が遊んでいたこえだちゃんはこちら!

f:id:wakameobasan:20201225003626j:plain
参照:こえだちゃんのれきし|こえだちゃん|タカラトミー

かわいい!!この感情の無い表情!首から下を緑一色で包み込むコーディネート!なにより赤い髪留めがキュートですよね。このこえだちゃんが大好きで、お風呂にまで持っていって遊び倒しましたよ。

今見ると「こえだちゃん」よりも「こえださん」呼びが似合うような気品がありますね。多分「木のおうち」だけではなく、他にもいくつか家持ってる。

そして最新バージョンのこえだちゃんがこちら!

f:id:wakameobasan:20201225004649j:plain
参照:こえだちゃんのれきし|こえだちゃん|タカラトミー

にっこりしておメメパッチリ!かなり子供っぽくなった印象です。確かに40年前と比べると、現在の人って若く見えますもんね。というより昔の人が老け過ぎなんですよ。子供の頃見ていた五木ひろしや細川たかしが、今の嵐よりずっと年下だったとか信じらんない!最初からずーっとおじさんだと思ってました!

おうちの進化もすごいんです

おうちは時代に合わせて変化していきます。

初代~4代目(1977年~1990年)までは基本2階建て、手動のエレベーター付き物件だったのが、5代目(2004年~)は飛び出す10個のお部屋が出現します。とても華やかな印象です。悪くなっていた景気を取り戻す!そんな時代だったのかもしれませんね。しかしその後、リーマンショックが起こります。

6代目(2011年~)は階建てになります。確かに都内を見ても、狭い土地にギュウギュウと並んだ3階建てをよく見かけますね。まさに「時代に合ったおうちづくり」だと思います。そして7代目(2013年~)は人形の声が流れる、おしゃべり機能を搭載したおうちになりました。「おうち」という概念を建物から家族へ。こころの時代へと変化しました。8代目(2016年~)は電動エレベーター搭載。デジタル化が進みます。私がiPhoneにしたのもこの頃です。

そして最初に載せたAmazonの商品画像が最新の9代目(2018年~)です。屋上付きの3階建てに!シリーズ最高を誇る全長40㎝になりました。建築基準法ギリギリに縦に伸ばすことで、狭い土地を更に有効活用!そして高さとは逆にエレベータが手動に戻ります。AIだのロボットだのと言われますが、やっぱり「自分の手で動かしたい」というのが人間の根底にあるのだと思います。「良い物はヒトの手で」という、こえだちゃんの教えなのかもしれませんね。

お家の詳しい情報はタカラトミーさんのホームページに載っています。自分の持っていたこえだちゃんは、どれだったかな?

www.takaratomy.co.jp

 女子はこえだちゃんが好き!

やっぱりかわいいですよね~こえだちゃん。女子はみんな好きですから、プレゼント選びに迷ったら絶対これを送っとけば間違いないですよ。対象年齢は3歳~85歳くらいだと思います。

今年送ったクリスマスプレゼント、「センスがない」とか言われちゃった(T_T) と落ち込むあなた。来年のクリスマスプレゼントは、彼女の手のひらにそっと、こえだちゃんを握らせてみてはいかかでしょうか?

上手くいったら一緒に「木のおうち」を建ててくださいね。