わかめ手帖

子なし既婚のおばさんのブログです。適当に生きてますが、それなりに楽しいです。

名言は悲しみから生まれる【パーマ失敗】

※ 本サイトはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

みなさまこんにちは。

突然ですが、パーマ失敗したことはありますか?

私は初パーマが失敗するという悲しい思い出があるんです。

可愛くなりたかっただけなのに

とても悲しい思い出です。若かりし頃の思い出。

私にも若い頃はありました。ダサダサ人生を歩んできた女の子が、「かわいくなりたい」と思うことは罪ではないと思います。

罪があるとすれば、美容院に安室ちゃんの写真を持って行ったことです。

アムロ・レイじゃないです。可愛い方のアムロちゃん、安室奈美恵さんです。

今の私がそばにいたら、殴ってでも止めますよ。お前どの面下げて安室ちゃんの写真持っていくんだって。でもホラ、若いから。

 雑誌を読んでいたらですね。いつもストレートロングでキリっとしている安室ちゃんが、大きめカールのふんわりパーマで可愛く微笑んでいたんですよ。

「これだ」

と思いましてね。

そのページを持っておしゃれ美容室に行ったんです。「この写真みたいにしてください」って言ってね。

どうかしてるよね。

でもホラ、若かったから。

時はカリスマ美容師ブーム

その当時(25年くらい前かな?)カリスマ美容師とかいう人たちがたくさんいたのです。

何をもってカリスマかは本当に分からなかったんですが、私の担当になった人はカウボーイハットをかぶり、腰にハサミをいっぱいぶら下げている男性でした。

部屋の中でカウボーイハットを被って仕事する人なんて、カリスマ美容師に決まってます。

回転椅子に座りながら髪を切り、イスのタイヤを利用してスケボーみたいにガーガー移動していく様もカリスマっぽさに磨きがかかっていました。

何度もパーマのかかりを確認したりして、腕が良さそう!

期待しますよね?

しかし完成した姿は安室ちゃんどころではありませんでした。

スチールウールだったんですよ。

スチールウール

 
アーテック スチールウール (12個) KZ108 35205

錆びた鍋とか磨くやつです。

安室ちゃんどころか人間ですらない。

その美容師は「これはいいね」と、自分の仕上がりに大満足しているようでした。

言えなかったんですよ。

ハタチそこそこの女の子が、カリスマ美容師風の男に

「これはスチールウールだ」

「やり直せ」

って言えるでしょうか?

苦笑いしかできなかったんです( ;  ; )

お金払ってトボトボ帰ったんですよ。チリチリモジャモジャした髪の毛で。

浴びせられる暴言

帰り道、いろんな人にチラチラ頭を見られながらも家に着きました。

家に入ると姉がいて、

「何それ?????」

と大笑いされました。

うちは家族全員デリカシーがないのです。

笑われるのは想定内でしたが、なにぶん心が折れまくって悲しみのどん底にいた私は、笑ったりすることもできなかったのです。

「バッハじゃん!」

相次ぐ暴言。

年頃の女の子が「髪の毛バッハ」と揶揄され、冷静でいられるでしょうか?

この時私は悲しみと怒りで反射的に言い返したのです。

「バッハじゃなくてヘンデルだよ!!!!!!!!!」

バッハとヘンデル

バッハ

 

ヘンデル

今思うとよくあの状況でとっさにヘンデルが出たなって思います。

確かに画像で確認すると、バッハよりヘンデル寄りでした。

名言だと思う

「バッハじゃなくてヘンデル」

悲しみのどん底で「何か言い返さなきゃ」という思いから偶然出た言葉。

自虐のつもりだったのでしょうか?

それとも強がりだったのでしょうか?

今となっては意図が分かりませんが、なんとなく名言が生まれた瞬間だと思った次第です。

 

その後どうしたかというと、記念にしばらくこのパーマでいるか、と思って自然にとれるの待ってたんですけど、全く取れる気配がなくてしばらくずっとモジャモジャしてました。

しかもパーマ液によって傷んだのか、ヤンキーがオキシドールで脱色したみたいな色になってしまい、内面は漫画好きの陰キャなのに髪型だけ異様に攻めてる人みたいでした。

ただでさえ男からモテなかったのに、輪をかけてモテなくなったというお話です(^^)

人生ってホント思い通りにいかないものですね!

以上

私が名言を生んだ瞬間のお話でした。

ちなみにあれから一回もパーマかけてませんし、これからもかけるつもりはございません。

人生初パーマにして最終パーマがヘンデルというお話。最後までお読みいただきありがとうございました(^^)

 

↓ パーマがかかりやすい血なのかな?

www.wakametecho.com