わかめ手帖

子なし既婚のおばさんのブログです。適当に生きてますが、それなりに楽しいです。

さようなら品川区!!品川区は住みやすい街でした(^^)

スポンサーリンク

みなさまこんにちは。

最近引っ越しをしまして、現在神奈川県民になった、元品川区民のわかめおばさんと申します。

引っ越しの荷物もだいぶ整理できましたので、こうやってまたブログを書かせて頂きます。

品川区最高!

いきなりですが、今までお世話になっていた品川区を褒め称えます。

住みやすい町でした。何でもあるし、どこにでも行ける。

おまけにコロナが流行り出した頃、真っ先に全区民に3万円くれたのも品川区です。お役所ってグダグダするのかと思ったら、スパッと「全員3万!中学生以下は5万!」ってスピーディにくれてカッコよかったです。

濱野区長、ありがとうございました!今期で勇退されるとのことで、後任の方はプレッシャーかもしれませんね。

でもシナモンちゃんがいるから大丈夫!


サンリオ(SANRIO) シナモロール もっちりマスコット 119741

なんでシナモン?と思うかもしれませんが、なんとシナモンちゃんことシナモロール氏は、立派な品川の観光大使なんですよ~。

shinagawa-kanko.or.jp

何の縁があるのかは知りません。

多分「シナ」のみで選ばれた気がします。とにかくシナモンちゃんが可愛くて可愛くて(´∀`*) 

品川は住みやすいし観光大使も可愛いしで、ホント最高ですよ!

ただし家賃がクッソ高い

嘘だろ?って程高い。

主要な駅の徒歩圏内で探すと、1LDKで安くて15万くらいです。それに駐車場が3万。富豪しか住めないですよね。

でも私たち夫婦、品川区民だったんですよ。

主食は松屋で、行きつけの服屋はブックオフのこの私が、品川区民だったんですよ!

いや、「安い物件にたまたま出会ったらたまたま品川区だった」ってだけなんですけどね。

安い物件は探せばある!

これが言いたい。そしてもう一つ大事なことを言います。これ本当に大事。

そういう物件、とにかくボロい!

住めば都にも限界はある

品川区は住みやすいのに、うちのアパートは笑えないくらい住みにくかったです。

とうとう「次の更新はないな」となり、今回重い腰を上げて引っ越しを決行したのです。

参考までにどんな感じのお家だったのかご紹介しますので、我慢できそうでしたらこういった家も検討してみるといいと思いますよ。

問題1:雨漏り

雨の日はタライ置いて出勤するんですよ。令和なのに。置き忘れたら絶望ですよ。ビショビショですもん。

業者さんの力でも完璧には直せないということで(完全にやるには大工事になる)、漏らしたまま生活していました。

問題2:謎の揺れ

頻発する謎の地震に困っていました。ニュースサイト見ても地震情報には出てないんです。旧耐震基準の家だから?活断層の上に建ってる?等日々恐怖に震えていましたが、なんと上の階のご夫婦の子作りでした。

赤ちゃんできたらピタッと地震がやんだというね。子作りであの揺れじゃあ、大地震が来たら絶対ヤバいです。

ちなみに引っ越しの挨拶に言ったら、あの時の子が3歳ですって!子供の成長ってホント早いですね。

問題3:色々侵入する

  • ネズミ
  • 蜘蛛
  • Baby G(大人は出ない)

Baby G (赤ちゃんゴキのことだよ!)はかなり精神的にキツく、成虫が出たら即引っ越そうと思っていました。しかし人間に換算して小学校3年生くらいのまでしか出なかったので我慢できました。

大きくなる前に蜘蛛(くも丸)が食べてくれていたのかもしれません…

www.wakametecho.com

問題4:ビッチャビチャ

雨漏りと被りますが、雨漏りは内側、これは外側の問題です。

玄関開けるとほっそいほっそい外廊下があるんですが、これが水はけ最低レベルというか、むしろ逆に窪んでて大雨の日は水たまりになるんですよ。

うちはまだマシで、隣のお宅なんて「玄関開けたらすぐにダム」みたいになってました。他人事なので大雨の度に少し笑ってしまいました。ちなみにこのお隣に住まれていた歴代の皆さんは、あっという間に引っ越していかれましたよ。

 

次が最後です。ラスボス。最終的に引っ越しを決意した理由です。

ババアの怒鳴り声

まず毎日朝6時半に下の階のババアの怒鳴り声で目が覚めます。1日の始まりはババアの怒鳴り声スタートです。

言葉遣いが悪いとお思いでしょうが、「ババアの怒鳴り声」以外に形容できないんです。多分あの声を聞いたら、宮沢賢治だってシェイクスピアだって「ババアの怒鳴り声」って書くと思います。

毎日朝昼晩、旦那やお婆さんを怒鳴っています。最初ケンカでもしてるのかと思ってたんですが、まさかの地声が怒鳴り声なんですよ。声も最悪なら話す内容も最悪です。

「だーかーらー、早くやれっていってるだろうがよ!!」

「もしも~し、聞いてます?分かってるなら返事!」

もうね。文字にするだけで不快ですもん。吉永小百合が旦那に絶対言わない台詞じゃん。

こんな感じのことをですね、悟空がかめはめ波繰り出すときの声量でずーっと叫んでるわけですよ。生まれも育ちも上品な私には耐えられない!

こんなの引っ越すでしょ?

大家さんに相談すれば?って思いますよね?

まさかのそれが大家さんっていうオチですよ。

こんなの笑うでしょ?

で、引っ越しました!

ここまでが私たち夫婦が引っ越しに至るまでの経緯です。どうです?皆様には耐えられそうでしょうか?私は無理でした。

今回は「品川区は最高!だけど家賃が安いところには何かしらの罠があるよ!」というお話を長々と書かせていただきました。

引っ越しについて色々語りたいこと、まだまだたくさんございます。これからも色々とお付き合いいただけると嬉しいです。