わかめ手帖

子なし既婚のおばさんのブログです。本当に、ただのおばさんなんです。

スーモ(SUUMO)のやり方が実に巧妙…!!

スポンサーリンク

おうち時間、皆さんどう過ごされていますか?

私は今、ドラゴンボールを1巻から読み直しています。現在レッドリボン軍が出てきたところです。あとは前回のブログで言ったように、お家探しをしておりまして、毎日住宅情報サイトを見て過ごしております。

www.wakametecho.com

 主にスーモ(SUUMO)

f:id:wakameobasan:20210713002814j:plain

 画像引用:スーモの部屋

このキャラクターで有名な住宅情報サイト、スーモを主に見ています。彼、可愛いけど10,030歳なんですって!デーモン小暮より9万歳ほど若いですね。口は退化したのかな?かわいいね。

スーモを見ているとあの愛知万博、「愛・地球博」を思い出すんですよね。もう16年も前になるのか。公式キャラクターだったモリゾーとキッコロが頭をかすめます。

f:id:wakameobasan:20210713000953j:plain

画像引用:EXPO2005公式キャラクター

スーモみがある。緑のムック、かわいい。

私、行ったんですよ「愛・地球博」。私にとっての初愛知は「愛・地球博」でした。

名古屋名物でも食べようと、帰りに味噌かつ屋さんに行ってね。目の前にサクサクに揚がったとんかつが運ばれてきて、店員のお姉さんに「味噌ダレおかけしてよろしいですか?」って聞かれたから「お願いします(^^)」って答えた瞬間

ジョボボボ~!ビシャッビシャッ!

って、滝のように味噌ダレをかけはじめて、とんかつが味噌の海にジャブジャブに浸かったのが衝撃でした。名古屋ってクレイジーな食べ物いっぱいあるんだな〜と思いました。コロナ明けたらまた色々旅行したいな。

スーモの冊子を読むのも楽しい

ネットだと情報量が多すぎて、老化した脳にはキツイ時がありますよね。そういう時は駅などに無料で置いてあるスーモの冊子を貰ってきます。

f:id:wakameobasan:20210713131352j:plain

東京は高すぎるので、身の程を知って埼玉県版を読むのが今の私のトレンドです。

こういう住宅情報誌って、じっくり読みだすと結構面白い書物と化しますよね。どうしても家を売りたい不動産業者の必死の謳い文句に感心しちゃいます。何となくこんな感じってのを書いてみますと、

「バルコニーから飛び込む緑の展望!深呼吸を日課にしませんか?」

とか、ただ周りに畑以外何もないのを素敵な感じに変換する技術が凄いんですよ。この「素敵な感じさ」が絶妙なんですよね。大きくても小さくてもダメ。そして嘘では決してない。

「衣食住医、そして何よりも大切な『家族の笑顔』。全てがここで揃います」

こんな風に、ただのイオンをよくここまで素敵に書けるなあっていうのもあります。よくよく考えると「イオンしか行く所ないんだな」って分かるんですけど、「ここに住みたいかも!」って思わせる何かがありますよね。

「物は言いよう」

住宅情報誌を見てると、つくづくこの言葉に尽きるなあと思わされますね。

全てが計算されている

嘘はもちろん書きません。嘘は書かないけどカッコつけたい。だから

アトリウムからコリドーを抜けると、見えてくるのは異空間のエクステリア。このレジデンスが伝えたいのは「空間」、そして「表情」なのです。

みたいな、「何言ってんのかよく分かんないけど、きっとカッコいいんだろうな。」という文章が散見されます。なんかこれだけでオシャレな住居に住めるのかな?って気分になってきますよね。でも絶対大したこと言ってない。

ちなみに上の文章はよく見るカタカナを適当に散らしただけなので、多分用法間違ってると思いますがスルーしといてください。

でもそんなカッコつけてもですよ?私が今見ているのは主に埼玉県版なわけですよ。

f:id:wakameobasan:20210713165128j:plain

これを読んでる人はレジデンスの表情とかどうでもよくて、とにかく「安くて住みやすいが第一なんですよ。

距離的に住めない場所もありますが、間取りや立地で色々な相場をチェックすることに今命を燃やしています。「所沢でも新築マンション7,000万するの?」とか、「浦和で5,000万…上尾でも4,500万…?高くない?」とページをめくっていくと、

2億6,000万円

f:id:wakameobasan:20210713164818j:plain

!!?

突然飛び込んできた数字に脳がフリーズしました。郷ひろみのエキゾチックジャパンかよって思いましたもん。あれですら2億4,000万か。

で、よく見ると「東京都港区」のタワーレジデンスとか書いてあんの。そりゃそうですよね。タワーの最上階でコニャック飲みながら、下界の貧民どもを見下ろすアレですよね。

なんで埼玉県版なのにこんなの途中でブッ込んでくるんだよ!と思いながら次の「埼玉県戸田、5,000万」とか見ると「やっす!」って思っちゃうんですよ。

そりゃ2億6,000万見たあとなら何でも安く感じちゃいますよね。

ずるくない?この手法。

麻痺して思わず買っちゃう人とかいるんじゃない?でもまあ、これが営業テクニックっていうものなんでしょうね。メンタリストの世界だわ。

こんな感じで、スーモを見るのを楽しんでいます。こんな風に余計なことばっか考えてるから全然先に進まないんですけどね。

 良いお家との出会いを求めて

今までにないほど真剣に物件情報を見てますが、目を凝らしていないと入れ替わりが激しいです。世間に情報が出た途端にワッとすぐに売れたりして、景気の良い人はいつどこにでもいるもんですね。

あまり根を詰めすぎないように、自分たちのペースで良いお家との出会いに期待したいと思います。