わかめ手帖

おばさん女子です。子供もいません。しかも仕事も辞めました。

母と姉と3人でお墓参りに行ってきました

スポンサーリンク

私は3姉妹の末っ子です。先日母と2番目の姉と3人でお墓参りに行ってきました。お墓をピカピカにみがいて、祖父母に近況報告してきました。

産まれた順と性格について

よく「末っ子はワガママで甘ったれ」と言われます。ホントめちゃくちゃ言われます。でもはっきり言わせてもらえば

末っ子の運命は兄や姉の性格によって決まる

これなんですよ。最後に産まれてくるわけですから、もう家族の中では一生新入社員扱いなんですよね。直属の上司に当たるのが兄姉です。独裁者のような兄姉を持つと奴隷人生決定です。ワガママなんてとんでもない!逆に時々いる天使のような兄姉をゲットできれば、正に天国。イージー中のイージー生活が待っています。私の場合は上の姉がラオウで下の姉がジャギ(北斗の拳より)みたいな感じだったので、どのような生活をしていたかは察していただけるかと思います。

子供の頃は力でかなうはずもないため、いつも魔法や超能力が使えるようになって、姉を倒すことばかり考えていました。今の魔法少女は戦っていますが、私が子供の頃の魔法少女は大体が大人に変身したり、歌手に変身していました。成長して勝手になればいいのになんでせっかくの力をもっと有意義に使わないのか、いつも不思議でした。

ちなみにアラフォー女子で魔法の天使クリィミーマミ を好きじゃない人はいないと思います。魔法も使えるうえ、「実家がクレープ屋さん☆彡」という35年前の子供にとっての憧れ全てを詰め込んだアニメだと思います。未だに私はマミちゃんと優ちゃんが大好きです。

f:id:wakameobasan:20190925115157j:plain

30周年記念のクレープ 新宿に食べに行ったよ!

さて、そんなに恐れていた姉ですが、大人になると不思議なことに仲良くなるものです。上の姉は今は遠くに住んでいるので、今回は近県に住んでいる姉(元ジャギの方)と母との3人でお墓参りに行ってきました。

年齢層の高い3人で墓に参る

当日午前にお墓のある駅で待ち合わせ。いつまでも子供扱いだった末っ子の私がもうアラフォーです。周りから見たらおばさん二人とおばあさんですが、私たちにとってはいつまでもお母さんと子供たちです。昔のようにはしゃいでお墓まで歩きますが、道中外反母趾の話ばかりでした。

各々足や腰を痛めながらお墓に到着です。今回は親戚もいないのであまり作法など気にせずお墓に参ります。お墓を掃除してお花を供えて、「仕事を辞めて今は無職だよ!」とご先祖様に明るく報告をします。「娘3人とも嫁いだので墓じまいをそろそろするつもり」と母が言っているのですが、なんとも寂しいです。特にうちの夫婦は子供がいないので将来お墓をどうするか、ちゃんと考えないといけません。

高齢親子で東京駅を楽しむ

今回私は職がないにもかかわらず、「いつもお世話になってるからお昼は私がご馳走する!」と事前に伝えて張り切っていました。そろそろ親孝行がしたい年頃です。実家にいた頃は本っっっっ当に何もしなかった癖に、食事の時だけ海原雄山並みに「出汁の風味が、微妙だな・・・」とか批評するという、我ながら最低の娘でした。(今自分の料理は常にほんだしでーす。)

東京駅の「KITTE」にまだ誰も行ったことがなかったので、そこでお昼を無事ご馳走することに成功しました。KITTEは6階が屋上庭園になっていたので3人で風に当たりながら東京駅舎を一望します。

東京駅のステキな横顔をパシャリ

f:id:wakameobasan:20190924153219j:plain

あまり東京に来ないという母も姉も喜んでくれました!姉が自分の家用にお土産を買いたいというので、東京駅一番街などを案内したりと頑張りました。姉の選んだお土産が「ハイチュウ」だったのでびっくりしましたが、「ご当地色々入っててここでしか買えないから!」だそうです。銀歯取れるし大人のチョイスじゃないなと思いましたが、楽しんでいたようで私もとても嬉しかったです。

f:id:wakameobasan:20190924172105j:plain

ダメ娘だった私でも今日一日親孝行できたかな?と調子づいていたら、母が帰りに「お墓参りをしてくれたご足労代」としてポチ袋を姉妹2人に渡して帰って行きました。中を見ると1万円も入っていました!

せっかくお昼をカッコよくご馳走した気でいたのに、結果多く貰ってしまった。スマートに親孝行しようと思っていたのにこれじゃ全然ダメですね。また親孝行のやり直しをしなければいけなくなりました。

親孝行って難しいですね。